おもしろい映画

user-pic
0
コロナウィルスの自粛で薬局業務が休みの時に、アマゾンプライムで「SUNNY」という映画を観ました。

2018年に公開された日本映画。監督は大根仁さん。
数々のヒット作を持つ監督だけあって単純に楽しめましたが、何といってもバブル期の女子高生に焦点を当て、その時のピカピカした雰囲気と、その女子高生たちの大人になった今を描いた作品で、なんとも脚本が良かったのと、キャスティングが絶妙だった気がしました。
でもその脚本というか、原作は韓国の「サニー永遠の仲間たち」という作品だそうで、柱の部分、大筋は原作通りのようですが、日本の時代背景やバブル期の女子高生などを巧みに作品に取り込んでいたのはうまかったと思いました。

見ていない人はお勧めします。 

このブログ記事について

このページは、しょうまが2020年6月29日 21:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コロナでいろんな変化が」です。

次のブログ記事は「梅雨もコロナのせい(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。